アディーレ法律事務所

採用情報

司法書士採用情報

オフィスイメージ

貴重な裁判事務の実務経験が積める
日本最大級・全国展開型の総合法律事務所

貸金業法改正後、完全施行されてから10年が経過しようとしています。司法書士におけるクレサラ分野の役割が、「任意整理・過払い」から今後は「自己破産の本人申立について書類作成代理から支援する役割」へ変わってきます。
そして、これからの自己破産及び民事再生の申立書類作成の技術は、当事務所での実務経験で磨きをかけることができます。日本で屈指の大規模事務所のデータベースには情報があふれています。同時廃止・少額管財の別・民事再生特例ありなしの別に応じて、教科書にない自己破産と民事再生申立の支援方法を学ぶことができ、間違いなく司法書士業務の中核を占める様々な経験をする場がここにあります。申立から免責許可までのプロセス・申立テクニックは現場業務を通じて学ぶことができ、自己破産民事再生の申立書類作成分野の知識を増やし自分のものにすることができます。

「交通事故」の分野においても、司法書士の役割があるのをご存知でしょうか。物損事故だけではなく、等級認定が取れなかった被害者の方(等級認定非該当)も、あなたの法律知識で救うことができます。請求額140万円以下の案件については、積極的に自ら示談交渉を行い、交通事故の被害に遭われた方のために、簡裁代理権を使ってみませんか。
もちろん、交通事故分野においては、充実した研修制度と、司法書士に対する弁護士費用特約の支払いの仕組みなど、絶対知っておかなければならない実務経験を、圧倒的に積むことができます。

令和元年6月6日、司法書士法及び土地家屋調査士法の一部を改正する法律(令和元年法律第29号)が成立し(同月12日公布)ました。そして、その第1条として、司法書士の使命感として、従前の『登記、供託及び訴訟等に関する手続の適正かつ円滑な実施』としての使命規定から、『登記、供託、訴訟その他の法律事務の専門家』としての使命規定へ改正がなされています。
これは、国民や時代の流れによって、司法書士に『法律の専門家』としての役割がさらに期待されていることといっても過言ではありません。

<参考>
改正後(新)司法書士法(司法書士の使命)
第一条 司法書士は、この法律の定めるところによりその業務とする登記、供託、訴訟その他の法律事務の専門家として、国民の権利を擁護し、もつて自由かつ公正な社会の形成に寄与することを使命とする。

未経験者、登記の実務を経験している
司法書士の先生方へ

想像してみてください。ある日、依頼者が司法書士の先生であるあなたの事務所に、任意整理をお願いしたいと依頼があったとします。債権者であるそれぞれの消費者金融や信販会社が任意交渉して認めてくれるであろう、おおよその分割回数を事前に理解していないと、適正な原資計算ができないでしょう。

また、任意整理で依頼を受けていた依頼者が、職を失い、継続して支払いができなくなったとします。司法書士の先生である、あなたを信頼し、引き続きそのまま破産申立(本人申立)をお願いしてきました(よくある話です)。
そのときに、破産申立ての同時廃止・管財事件の別、個人民事再生の知識がないと、頼りにされている依頼者に適切なメニュー選択のアドバイスを提示することができない事態だってありえます。

想像してみてください。交通事故の依頼を受けた時に、弁護士費用等特約は保険証券のどこを見れば、わかるのか、司法書士の報酬も射程範囲なのか?それを使うことを依頼者に適切にアドバイスできますでしょうか?

大丈夫です。これらすべてを解決できるステージが、アディーレにはあります。 これから期待される、司法書士の『法律の専門家』としての責務を適切に担うべく、ワンランク上の司法書士を目指しませんか。

まずはご応募ください。ご来所の折には、所内もご案内しますので、先生が活躍できる職場であることを実感していただけると思います。当事務所で経験を積み司法書士としての業務の幅が広がる環境があることを、ぜひご自身の目で確かめてください。

当事務所で司法書士の役割変容の潮流にいち早く乗り、また、将来の開業に役立てませんか。

募集中の拠点SELECTING LOCATIONS

現在、募集中の拠点は以下となります。募集要項は各ページにてご確認ください。

司法書士訴訟実務教育担当弁護士より

弁護士 秦 和昌
弁護士 秦 和昌

簡裁代理取得しても、いきなり実務をスタートすることはできませんが、当事務所では、法廷での作法、認否の仕方などの基本から要件事実・事実認定などもしっかりと教育します。

弁護士が直に要件事実を教育するというシステムは、司法書士事務所では経験できないと思います。また、弁護士を目指している方は、予備試験のステップアップとして就業しながら、提携しているLEC(東京リーガルマインド)の司法試験講座を受講(割引価格で受けられます)という方法もあります。
まずは、司法書士として簡裁代理取得後、弁護士にも負けない訴訟技術を身につけることを目指しませんか。

「聞いてみたい」に答えます

司法書士 山口眞悟
司法書士 山口眞悟
s.yamaguchi@adire.jp

司法書士が弁護士事務所で働くことの不安を解消するために、同じ司法書士としてあなたの疑問に双方向スタイルでお答えします。ぜひメールにてご連絡ください。

  • アディーレとはどんなところなのか
  • どんな業務が経験できるのか
  • どんなことが司法書士として身につくのか
  • 弁護士とのコミュニケーションはどんな感じなのか

選考前に知りたい職場環境・司法書士が弁護士事務所で働くことの優位性・個人受任のこと・ワークライフバランスの要望など何でもご質問ください。

司法書士インタビューINTERVIEW

司法書士インタビュー

司法書士
池袋本店 山口 眞悟
福岡支店 新海 健吾

採用フローRECRUITMENT FLOW

応募方法HOW TO APPLY

所定の「履歴書(写真貼付)」及び「職務経歴書」を記入後、「個人情報の利用に関する同意書」をお読みいただき、同意(日付、住所、氏名を記入)をしていただいたうえ、上記3点をrecruit022_adire@adire.jp宛にメールにて送付ください。
書類選考の上、面接を実施する方へは原則3週間以内にご連絡いたします。
応募書類のご返却、および不採用通知の送付はいたしませんので、予めご了承ください。

ご応募ならびにお問い合わせ先

〒170-6033
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60/33F
弁護士法人アディーレ法律事務所 人事課宛
TEL:03-6367-0864 FAX:03-5950-0242
E-MAIL:recruit022_adire@adire.jp

▲page top